FC2ブログ

帰って来たショタしょたショータ(#^.^#)!

思春期ショタ、思春期少年の二次元ショタ作品のレビューとショタ小説を扱ってます!
帰って来たショタしょたショータ(#^.^#)! TOP  >  自作ショタ小説 >  思春期ショタ家族 結3

思春期ショタ家族 結3


思春期ショタ家族 結3

寝ている二人2



康「タケ兄、あそこに川があるよ、入ろうよ!」
健「まてよ、コウ、入っちゃ危ないだろ!」

いきなり走り出すコウを見て慌てて追いかける。

康「ちょっとぐらい大丈夫だよ」

コウは内気な性格だけど時々大胆な行動をする。

康「うわっ!」
健「コウっ……!?」

コウは川に入った瞬間足を滑らせ尻もちをつく。

康「……ぐすっ……うわああああんっ!」

コウはたまらず泣き声を上げた。
急いでコウに駆け寄る。

健「もー! だから危ないって言っただろ?」
康「うわああああんっ!」
健「コウ立てるか……?」
康「タケ兄~! ぐす……うわあああんっ!」
健「ったく、泣くなって男の子だろ……?」

コウを抱きしめる。
コウは健の胸の中で泣きじゃくる。

康「タケ兄~! うわあああん……」
健「ったく~ コウは本当に泣き虫だよな」


健は康の手を引いて歩く。
あたりはすでに日が暮れ始めていて、空はオレンジ色に輝いていた。

手を引く康の手はとても温かく感じた。

康「ぐすっ……うう……」
健「まだ泣いてるのか? 男の子だったらそう簡単に泣いちゃダメなんだぞ」



*****



コッケコッコ~!
オレはニワトリアラームを止める。

健「う~ん……」
健「……」

健(なんか懐かしい夢見てたような……)

でも夢の記憶は思い出せない。
でもなんか切ない気分なのはなんでだろう……。

ガチャッ……

扉の開く音がする。
翔だ。
翔はすでに学校の制服に着替えている。

翔「お前起きてたんだ……珍しい……雨降らなちゃいいけどな」
健「どういう意味だよ」
翔「別に」

ったくあいからず翔は翔なんだから~!
失礼しちゃうよっ!

翔「そういえば、おじさんが……」
健「ん……?」
翔「今度の休みの日、ミズギーランドに行こうって言ってた」
健「えっ! ミズギー! やった~!」
翔「ったく、中学にもなってはしゃぐ事かよ」
健「とかいいつつも翔も楽しみなくせに~」
翔「うっせ、バーカ」

そう言う翔は顔が少し赤い。
こいつ結構わかりやすいんだよな~!

健「ってか、翔、そろそろ父さんの事をおじさんじゃなくて、お父さんって呼んでやれよな」
翔「うるさい! オレの勝手だろ! 先に行ってる」
健「おい、翔~!」

翔は部屋を出てすたこらさっさと出て行った。

健「ったく、素直じゃないんだから……」

翔は父さんの事をいまだにお父さんって呼んでいない。
翔の性格上難しいって事はわかってるんだけどね……。

オレも急いで下に降りる。

健「明君おはよ」
明「うん、おはよ」

明君は笑顔で返事を返してくれる。
絵になっていて相変わらず可愛いな~!

義母「健君おはよ」
健「義母さん、おはよー」
父「おはよう」
健「うん、おはよ、父さん聞いたよ、ミズギー行くんだよね」
父「そうだよ、今年は健も翔君も受験で忙しくなるだろうからその前に家族で思い出を作りたいなって思ってね」
義母「ダーリン~ ナイスアイディア~」
父「当たり前だよ~ ハニー!」

父さんは義母さんの両肩に手を置きながら言う。

健(うわ~! 二人の空気がラブラブモードになってるよ……)

翔「きもっ……」
明「あはは……ラブラブだね」



【ミズギー前日】

ミズギーに行く前日の夜、早めにベットに入ったのはいいものの……

健「寝れね~!」

楽しみで興奮して眠れないんだけど~!
まさに遠足の前の日に眠れない子供みたいだ!

健「翔?」
翔「なんだよ? 寝ろよ」
健「む~ 興奮しちゃって寝れないんだよ……」
翔「あっそ……」

健「そうだっ!」

オレは二段ベットの上から降りて、翔のベットに入り込む。

寝ている二人


翔「なっ、なんだよっ! オレのベットに勝手に入ってくんなよっ!」
健「眠れないんだよ……」
翔「ったく、本当ガキだよな……」

といいつつも翔は顔が少し真っ赤だ。
こういうとこ可愛いんだよな~!

健「……明日楽しみだね……」
翔「……はいはい……」

翔の温かい身体のぬくもりがオレに伝わってくる。
それがなんか心地よかった。

健(……翔、いい匂いする)

まあお風呂入ったからね。
たまらずぎゅっと翔を抱き枕みたいに抱きしめる。

翔「なんだよ、暑苦しいな」
健「いいじゃん」
翔「ったく、しょーがねーな」

翔はツンデレってやつだと思う。
だから最後にはこうやって折れてくれる時もある。

普段はつんつんしているけど、でも本当は優しいやつなんだ。

それでチンコは凄くて……
毛もボーボーで……

健(……)

って、やばいチンコ大きくなっちゃった……。
絶対に翔にズボン越しで伝わっちゃったよね?

翔「……っ……お前な」
健「ご、ごめん……」
翔「ったく……出せよっ」
健「えっ……?」
翔「そのままじゃ辛いだろ……」
健「いいの……?」
翔「いいって言ってるだろ」

翔がそんな事言ってくれるなんて……
じゃあお言葉に甘えて。

健「へへ……じゃあ、フェラしてよ」
翔「ふざけんな、後でうがいしにいくのめんどくさい……」
健「え~! 翔最近あんまフェラしてくれてなくない? オレはしてやってんのに~ 不公平だ!」
翔「ったく……わかったよ……早く脱げ」
健「はいはい」

やった~!
久しぶりの翔のフェラだ!
オレはズボンを脱ぐ。

健が舐められる

オレのチンコはもうびんびんなんだよね!
下の毛も興奮でたってるし!

健「翔、舐めて……」
翔「……っ」

翔はオレのチンコをぱくっと舐める。

健「あぁ……っ」

翔の口の中のあったかさと舌の感触がオレのチンコに伝わる。

健が舐められる2


健(……気持ちいい……)

翔の口の中のやわらかいい感触。
気持ちよすぎて、腰が引けそうになる。

健「ふぁっ……あぁ……うぅ……うっ……」

最近はオレの方が翔にフェラしてやる機会が多かったんだけど、される側になると本当に声が抑えられない。

健「ああっ……ああっ……はああっ……」

女みたいな高い声がでちゃう。

翔「……変な声だすなっ」

そう言って再びオレのチンコを口に含む。

健が舐められる3


健「そんなこと……っ…んん……っ……言ったってっ……」
健「うう……っ……ああっ……」

そんな事言ったって、気持ちよすぎなんだからしょうがないだろ!
それに翔だってオレにされた時、女子みたいな声で喘いでいるくせにっ!

健「ああ……ふあ……っ」

もうやばいっ!
でそうっ!

くちゅくちゅとオレのチンコを吸い上げる。

くそっ!
でるっ!

健「はぁああっ……でるっ……!」

ぴゅるっ! ぴゅるっ!

健「ああっ!」
翔「んんっ!」

オレの精子が翔の口の中に放出される。

健「はぁ……はぁ……」


翔「ごほっ! ごほっ!」

翔はむせる。

翔「おまえっ……出るなら出るって言えよなっ」
健「ご、ごめん……」
翔「ったく……」

健「翔、今度オレがやってあげるよ」
翔「い、いいよ……さっきお風呂でしてもらったし……」
健「でも、翔、勃ってるだろ?」
翔「う……」

翔はかっと顔が赤くなる。
ったく素直じゃないんだから。

健「ほら、出せよ、してやるから」
翔「じゃ、じゃあやれよ……」

翔はぼそっとそう言う。

健(かわいい……)


翔はゆっくりと自分のズボンを降ろす。

健「翔のすごい……」

翔のチンコは大きく勃ちあがっていた。
オレをフェラして大きくしたんだな!

オレに欲情してくれたんだ!
意外に翔もえろいんだよな!

健「へへ……」
翔「なに、にやにやしてんだよ……とっとと舐めろよ」
健「わかったよ……」

こういう生意気な所を見ると、めっちゃいじめてやりたくなるんだよな!

くらえっ!
お前の弱いところなんてとっくに把握済みなんだからなっ!

健「へへへ……ぱくっ!」

翔をなめる2


翔「……んっ……くっ……」

翔は亀頭をどろどろに舐められるのが苦手なんだよね。
だからオレは亀頭を念入りに舐めて、亀頭を吸い上げたり、尿道に舌を入れたりして刺激してやる。

翔「くっ…んんっ…んんっ……ああっ……」

翔はいじっぱりだから、最初は声を頑張って抑えているけど、オレのフェラテクに徐々に翔の高い声が漏れてくる。

翔「あぁ……っ……んああっ……」

それが色っぽくて超可愛い!

翔をなめる


翔「おまっ……そこ……だめっ……はああっ……」

えろい!
普段クールを装っているくせに、こんなエロい声を我慢できずに出しちゃうなんて!

翔「ああ……っ!  あっ……ふぁ……んんっ……!」

ちゅるちゅるちゅる!
ぴちゃぴちゃぴちゃ!

翔め、フェラのフルコース!
存分にあじわいやがれっ!

翔「はああっ……くううっ……」
健「さっきオレに変な声出すなって言ってたくせに~、翔の方こそこんな声出しちゃってやらし~」
翔「うるさっ……はあっ……くううっ……」
翔「くそおおっ……! でるっ……」

どぴゅっ! どぴゅっ!

翔もオレの口の中に精子を放出させた。



****


行為が終わった後、オレ達は一緒のベットで寝っ転がる。

翔「ってか自分のベットで寝ろよ……」
健「今更もういいだろ……」
翔「ったく、しょーがねーな」
健「翔、明日楽しみだね」
翔「はいはい……」
健「翔、スペードマウンテン絶対乗ろうな、それとミッキンマッスル捕まえて写真撮ろう、それと……スクラップマウンテンも絶対乗ろう……」
翔「はいはい、わかったからさっさと寝ろよ……」
健「うん……明日一緒に楽しもうね……」
翔「わかったから早く寝ろ、起きれなくなるぞ」
健「うん、お休み翔」

オレは心地よい疲れから、眼が少しずつ降りて意識が遠くなる。

寝ている二人3

翔「おやすみ……健……」






こんちんちんは~!
ショタっ子大好きニャンタローです(^^)v

いつも思春期ショタ家族見ていただきありがとうございます!
今までエロ重視だったのですが、「思春期ショタ家族」で描きたかったエロシーンは8割型描くことができましたので、次回からエロ重視からストーリー重視を意識して描いていきたいと思いますのでそれでも良ければ今後も読んでいただけると嬉しいです(^^)v

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

[ 2017年02月19日 19:35 ] カテゴリ:自作ショタ小説 | TB(0) | CM(2)
作品、ありがとうございます

ずっと翔が健のチンチンを舐めないのだろうかと疑問に思ってたのですが、解決しました
風呂の中でなく、布団の中でふたりが密着してるなかで興奮が高まってくるかんじがとても良かったです
最後の「おやすみ、健」がたまらないです
そしてイラストもどんどん可愛らしくなってきてますね

そして次回からはストーリー中心に物語が進行するのですね
にゃんたろー様はストーリー性もしっかりしてるので、安心しております
これからは「泣けるbl」として(?)楽しませていただきます
冒頭の弟は誰?健には実弟がいるの?
想定外の展開にドキドキが止まりません
[ 2017/02/20 13:43 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
エムタケオさん

いつも有難うございます(^^)v

そうなんですよね~。
翔が健のチンコを舐める機会は確か一回ぐらいしかなかったんですよね~。
それなので今回は翔が健のを舐めてもらわなければと思いあのような展開になりました(^^)v

イラスト自分も可愛くできたなと思っていたので、そう感じてもらえて嬉しいです(^^)v

健が寝た後の「おやすみ、健」という翔の素直な一面、本当は健が好きなんだという表現を表すことができたらなと思って入れてみたんですけど、ちょっと下手くそな描写だなと思っていましたが、そのように萌えを感じて頂けたら凄く嬉しいです(^^)v


健には実は弟がいるという設定です。
ストーリーの結末とかも実は決まっているんですが、やっぱり文才がないのでうまく表現できるかわかりませんが、泣けるBLを目指して頑張りたいと思います(^^)v







> 作品、ありがとうございます
>
> ずっと翔が健のチンチンを舐めないのだろうかと疑問に思ってたのですが、解決しました
> 風呂の中でなく、布団の中でふたりが密着してるなかで興奮が高まってくるかんじがとても良かったです
> 最後の「おやすみ、健」がたまらないです
> そしてイラストもどんどん可愛らしくなってきてますね
>
> そして次回からはストーリー中心に物語が進行するのですね
> にゃんたろー様はストーリー性もしっかりしてるので、安心しております
> これからは「泣けるbl」として(?)楽しませていただきます
> 冒頭の弟は誰?健には実弟がいるの?
> 想定外の展開にドキドキが止まりません
[ 2017/02/21 19:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ニャンタロー

Author:ニャンタロー
FC2ブログへようこそ!この度はこちらへ訪問して頂き有難うございます!

改めまして、初めまして(*^^)v
管理人のショタっ子大好きニャンタローです!(#^.^#)
主に二次元思春期可愛い系少年の作品の感想や自作小説を取り扱います!
全てはお年頃の可愛い系中学生・ショタっ子(二次元)中心のサイトです(*^^)v

理解のない方・荒らし、18歳未満の方は入室禁止です!
また、このブログの観覧は全て自己責任でお願いします。このブログをご覧になってあらゆる不都合が起ったとしても一切責任は取りません。

あと、嫌がらせなどの人の感情を逆なでするようなコメント等は即刻削除し、入室は一切禁止します。

初めての方は、ご挨拶・リンクの記事全ての必読お願いします。
それであいそうなら宜しくお願いします<(_ _)>

文才ありませんが宜しくです!!
またSAIで絵をたまに描いたりしているのでアドバイス等ありましたらよろしくお願いします!
ツイッター→https://twitter.com/syotakkodaisuki

最新記事
最新トラックバック

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR








アフィリエイト・SEO対策