FC2ブログ

帰って来たショタしょたショータ(#^.^#)!

思春期ショタ、思春期少年の二次元ショタ作品のレビューとショタ小説を扱ってます!
帰って来たショタしょたショータ(#^.^#)! TOP  >  自作ショタ小説 >  思春期ショタ家族 結4+α

思春期ショタ家族 結4+α

思春期ショタ家族 結4+α


健「そりゃ、攻めはオレに決まってんじゃん」
翔「はっ? 何言ってんだよ、どう考えてもお前が入れられる方だろ」
健「なんでだよ~ オレの方が兄なんだからオレが入れるに決まってんじゃん」
翔「ふざけんなっ! 兄って言っても同学年だろ! それに健の方が超ガキっぽいし、どう考えても受けって顔だろ」
健「む~ それだったら翔だって顔はガキっぽいだろ! まあチンコはご立派だけどな~」
翔「なんだと~ その立派なチンコをお前の中に入れてやんよっ!」
健「言ってくれるな~! ツンデレ君が~! やれるもんならやってみろよっ!」
翔「ああ、やってやるよ!」

オレと翔は乱暴に服を脱ぐ。
服を脱いだオレと翔のチンコは勃起マックスだ。

健、翔「「……」」

エロい。

翔「……」
健「あっ……」

翔はオレの身体を抱きしめる。
オレのチンコが翔のお腹にくっつき、翔のチンコはオレのお腹にくっつく。
毛もお腹にくっついてくすぐったい。
それがなんか妙にエロく感じて倒れそうなくらいドキドキする。

翔「ん……っ」
健「ふぁ……」

翔はオレの唇にキスをする。

健「んんっ……ふあっ……」

こいつ意外とキスが上手い。
なんだよ、ツンデレのくせに……。

翔「んん……」
健「ん……ふあっ……」

えろくて、すごく気持ちいい……。

健「ふあっ……」

翔の舌がオレの口の中に入って来る。
こいつがこんなに攻めて来るなんて……。

ツンデレのくせに……。
普段真面目ぶってるくせに……。

もうむっつり決定だな!
やっぱり明君の弟だ。

翔「んんっ……んっ……」
健「んんっ……んんっ……」

頭がとろとろする。
凄く気持ちよくて、すごくエロいキスだ。

健・翔「はぁ…はぁ…」

翔「やるぞ」
健「お、おう!」

翔はローションを指に塗ってオレのお尻の穴をいじる。

健「んっ……」

翔の顔は興奮と恥じらいを混ぜ合わせたような顔になっていた。

エロい顔してる。

アナルの刺激と同時にオレの大きくなったチンコを逆の手で刺激する。

健「んんっ……ふあっ」

やばい、頭が、身体中がふわっとする。
とろけそうだ。

健「ああっ……」

気持ちよすぎて声が漏れる。

健「はあっ……」

翔の刺激は優しくて、アナルの異物感とか全然感じない。
ツンデレのくせに……。

オレは翔の胸に顔を伏せる。
心臓が破裂するぐらいドキドキして……
倒れそうなくらい気持ちいい……

健「ああっ……くうううっ……」

我慢しても我慢しても、気持ちよすぎて声が漏れる。
身体が熱い。
全身が汗ばんでくる。

翔の汗かオレの汗かもうわからない。

お互いの熱が広がって、ぬくもりを感じる。

健「んっ……っ……ふああっ……」

翔は真っ赤な顔で息を荒げながらオレを刺激する。
翔も興奮してるんだ。

オレのこんな姿見て……。

健「あっ、ああっ……」

翔「そっ……そろそろ入れるから、後ろ向いて」
健「う、うん……」

オレは覚悟を決めて翔の身体をぎゅっと掴む。
翔はオレの反応を見て、自分のチンコをオレのアナルの中に入れていく。

翔「くっ……んっ……」
健「う……あ……っ」

異物感が凄い。
明君を尊敬しちゃうよ。

翔「い、痛いのか……?」
健「ううん……平気だって」

本当は少し痛いけど、でも翔とつながりたいから強がりを言った。

健「う、んん……」
翔「はあっ……くっ……」

い、痛い!
涙が少し出る。

そりゃそうだ……翔のチンコは顔に似合わずでかい。
痛いはずだ。
でも我慢。
兄だしな!

翔「だ、大丈夫か? やめるか?」
健「平気だって言ってるだろ、やれよっ!」
翔「泣いてる奴がよく言うよ……やっぱやめるぞ」
健「いやだっ! 続けろよ! オレはお前とつながりたいんだよっ」
翔「ったく……わかったよ……もう泣きわめいてもやめないからな」
健「上等!」

翔はそのままゆっくりと挿入を再開する。

健「んっ……」
翔「はっ……」

凄い太いのがどんどんとオレの中に入って来る。

健「はぁはぁ……全部入った?」
翔「あ、ああ……大丈夫か?」
健「大丈夫だよ、とっとと動けよ」
翔「……わかったよ、本当にどうなっても知らないからな」

そう言って翔は腰を動かす。

健「あっ…あっ……」
翔「はぁ…はぁ……」

オレ達はつながった。
オレのアナルは最初は痛かったけどだんだんと気持ちよくなって言った。

健「んっ…あっ…ああっ」
翔「たける……いくのかっ?」
健「いきそうっ……翔は……?」

翔「はぁ…はぁ…オレもいくっ……ああっ……くっ……いくっ」
翔「あっ……ああっ……」
健「オレもっ!」

オレは精子を吐きだした。
翔はオレの中に出した。

翔「はぁ…はぁ……」
健「はぁ…はぁ……翔、もっとしよ……?」
翔「ああ……」

再びオレ達はつながる。
思春期で性欲盛んなオレ達は初めてのセックスという行為に夢中になった。

健「あっ…あっ…あっ…ああっ…‥」
翔「はぁ…はぁ…はぁ…あっ……」

オレ達は欲望のまま入れたり性器を触ったり、舐めたりと好奇心のまま快楽を貪った。

健「あっ…ああっ」
翔「はっ……くぅうっ……ああっ……」

優しくロマンチックって感じじゃなくて、動物のような貪るようなエロい行為。

翔「はっ…ああっ……っ」
健「ああっ…はああっ……」

健「翔、前いじって」
翔「こうかっ……」
健「そうっ……ああっ……」

翔と健1

翔「くそっ……可愛すぎなんだよっ」
健「お前だって可愛いしっ……はぁはぁ……」

ただただ気持ちよくて
ただただ興奮しながらオレ達はお互いを貪った。

翔「はぁ…はぁ……また入れるぞ」

ずぼっ!

健「ああっ…はあっ……」
翔「ああっ…ああっ……くううっ……」

健翔エロ4


翔はそうしていなければ死んじゃうような動物の様に腰を動かした。
その度に快感が溢れてくる。

翔「はっ…はっ…はっ……」
健「あっ…あっ…あっ……」

くちゅくちゅと何度か出して精液とローションが混じり合う音。
オレ達の荒い吐息。

健と翔の3

そんなエロい音が部屋に響く。

貪って来る翔が凄く可愛くてエロい。
普段ツンデレのくせに。
やっぱり翔も男なんだ。

チンコがでかいだけある。

翔「はぁ……またでるっ……だすぞっ」
健「ああ、だしちゃえよっ……」

翔「はぁはぁはぁ……だすぞっ」
健「くううっ……ああっ」

ピュルッ!
ピュルッ!

これがオレの初体験だった。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

[ 2017年03月23日 23:51 ] カテゴリ:自作ショタ小説 | TB(0) | CM(2)
大変ご無沙汰をしてしまいました

ついに翔と健がセックスしてしまいましたね
イラストも非常にいやらしい!
セックスの描写はもちろんですが、ふたりの台詞が乱暴?ながらも相手のことを思っているのが伝わってきて、非常によかったです
[ 2017/04/08 21:48 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
エムタケオさん

いつも有難うございます(^_^)v

乱暴な台詞の中に仲の良さが伝わるようにしたかったので、そのように言って頂き嬉しいです(*^^)v
イラストも背景が少し微妙かなと思っていたのですが、厭らしく伝わっていて良かったです(*^^)v


> 大変ご無沙汰をしてしまいました
>
> ついに翔と健がセックスしてしまいましたね
> イラストも非常にいやらしい!
> セックスの描写はもちろんですが、ふたりの台詞が乱暴?ながらも相手のことを思っているのが伝わってきて、非常によかったです
[ 2017/04/12 03:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ニャンタロー

Author:ニャンタロー
FC2ブログへようこそ!この度はこちらへ訪問して頂き有難うございます!

改めまして、初めまして(*^^)v
管理人のショタっ子大好きニャンタローです!(#^.^#)
主に二次元思春期可愛い系少年の作品の感想や自作小説を取り扱います!
全てはお年頃の可愛い系中学生・ショタっ子(二次元)中心のサイトです(*^^)v

理解のない方・荒らし、18歳未満の方は入室禁止です!
また、このブログの観覧は全て自己責任でお願いします。このブログをご覧になってあらゆる不都合が起ったとしても一切責任は取りません。

あと、嫌がらせなどの人の感情を逆なでするようなコメント等は即刻削除し、入室は一切禁止します。

初めての方は、ご挨拶・リンクの記事全ての必読お願いします。
それであいそうなら宜しくお願いします<(_ _)>

文才ありませんが宜しくです!!
またSAIで絵をたまに描いたりしているのでアドバイス等ありましたらよろしくお願いします!
ツイッター→https://twitter.com/syotakkodaisuki

最新記事
最新トラックバック

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR








アフィリエイト・SEO対策